容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ガボール売買でのトラブル

  1. 2010/08/01(日) 20:36:29|
  2. Gaboratory|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
前回、ガボールをオークションで買う愚行という記事を書いた。自分もオークションを見ているけど、ガボールの本物が出品されているケースはあまりない様に思える。実際に現物を手にとって見ない限り分からないけど、商品画像だけで数十万円を払う覚悟はない。出品者がどんな人なのかも分からない。ガボール好きの友人に聞いた話だが、商品画像がシッカリしていたのでオークションで入札をしたそうだ。金額も安かった。入札前に商品についてのいくつかの質問をしていたようなのだがそれに対する答えがなかったのが気になったが出品者を信じて入札したようだ。で届いたものは商品画像と少し違うものが届いたとのこと。画像と商品が違うものだから出品者に問い合わせをしたところ、逆切れをされて家まで押しかえると言うような脅しを受けたそうだ。自分も人から聞いた話なのでどこまでが本当のことは分からないが、そういうことがこのブランドを通じて怒る限りGaboratoryのイメージ低下は避けられないような気がする。ブランドはまず第一にファンが育てていくもので、そのファンの民度が低ければ低いほど最低なブランドになる。Gaboratoryだからいいじゃない。という話ではない。高額な商品を売買するわけだからそれなりの良識のある対応が求められてしかるべきだ。個人売買のオークションでは本当に雑多な人が売り買いをしているため往々にして上記のような問題が起こりうる。店舗であればきちんとした社員教育がなされた販売員が丁寧に対応してくれるわけだし、何より自分が購入しようと思っているものの現物が見られるわけだからそれに越したことはないと思う。オークションでのトラブル話を聞くとつくづくガボールは専門の取扱店で購入するべきだと実感した。

DTIブログって?